企業向け研修

企業向けコーチング研修

企業/法人向け コーチング研修(案) このほかの手法を含め、個別のご相談は、適宜ご連絡ください。
企業内にコーチングの風土を定着させることが、組織の活性化に寄与するものと思います。社員の皆様にコーチングスキルを身に付けて頂けますよう、研修として取り上げられるものを提示してみました。 内容は、コーチングをベースとして、対象となる人達に合わせてテーマを決めることにより、より効果的にスキルを身に付けて頂くことができるものと考えます。また、これらを参考にして頂き、オリジナルの研修を組み立てることもできます。 尚、時間の単位は、1日、2日という形になっておりますが、これらは相談に応じて時間帯を検討することも可能でございます。 【コーチング基本研修】  ★コーチンの基本を身に付けて頂く為のものです。 コーチングスキルの基本であり、管理職から一般職の社員に幅広く応用できます。 *時 間:約3日間(3回~6回コースで) *内 容:聴く、承認する、質問する、フィードバックする、提案する、他 【マネジメントコーチング】  ★部下を抱えている管理職の方々を主に対象としています。部下の自発性を引き出す為には、組織の中でコミュニケーションがたくさん起こる環境作りをすることです。 *時 間:1日コース *内 容:部下に重要感を感じてもらうこと。 ・部下の視点を変える、リソースを引き出す質問力 ・特徴を直すのではなく強みとして活かすマネジメント対話力 ・傾聴・承認の対話力と、相手のちょっとした心の変化を見逃さない直観力 ・言いっぱなしにさせない対話力 ・状況別に活用できるコーチングの実践スキル 【ビジネスコーチング】 ★チーム作りが、組織運営のポイントとなるリーダーが対象です。 上司・部下とのより良いコミュニケーションでチーム作りをするスキルです。 *時 間:2日間(数回コースに分割も可) *内 容:相手の本来の力を引き出し、人を活かすコミュニケーション ・安心感=信頼感の生まれる環境作り ・「聞く・聴く」と「承認する」 ・「質問する」とコーチングマインド ・強みを引き出すスキルと、受け取りやすい提案のスキル ・考えを広げる質問、焦点を絞る質問、視点を転換する質問 【コーチングセールス】  ★営業職の人が、コーチングスキルを有効に活用し営業活動ができる内容です。 *時 間:2日間(2~3回コースに分割可) *内 容:部下に重要感を感じてもらうこと。 ・コーチングの実際と基本の3スキル ・営業におけるコーチングの効果 ・セールスコーチングのポイント ・ワークⅠ&Ⅱ ・コミュニケーションのタイプを知り、活かす 【集中セミナー】 ※数あるコーチングスキルから、ひとつのテーマにポイントを絞り、集中的にスキルを習得していただくセミナーです。 ≪コミュニケーションスタイル講座≫ *名監督は相手に合わせてコミュニケーションスタイルを変える! 行動やコミュニケーションスタイルには特徴が出ます。自分のスタイルを理解し、相手のスタイルを理解することはあなたのコミュニケーションの幅を格段に広げる手助けになります。 ①時 間:1日(実践練習も含みます) ②内 容: ・自分のスタイルを知る:実際にスタイル分けテストをする ・スタイル別の違いを知る:どんな特徴があるか、自分の価値判断とどう違うか ・スタイル別対話力:どう関わるのが効果的なのか ・スタイル別に活用できるコーチング ≪ミーティングマネジメント≫ *会議やミーティングを、より効果的に進めるためのスキルが身に付きます。 ①時 間:1日 ②内 容:効果的なミーティングの内容&進め方 ・アジェンダの作り方 ・参加者の役割、事前の準備 ・司会のポイント、ファシリテーターとしての役割 ≪女性社員対象≫ *コーチンスキルをベースに、接客・応対・折衝という視点から、顧客満足を考えた コミュニケーションスキルが身に付きます。 ①時 間:1日 ②内 容: ・コーチングの基本スキルについて ・自社&自分から提供できるサービスは何かを知る ・コミュニケーションする相手の満足は何かを考え、実行する ≪リフレッシュ&ストレスコントロール≫  *誰にでもストレスはありますが、ストレスは全てマイナスのイメージ?…。 実は適度なストレスは、いい意味の緊張感が行動に作用し、行動や業務がより効果的に進展するというプラス効果もあります。 ①時 間:1日 ②内 容:ストレスを上手にコントロールしてリフレッシュします。 ・自分自身の現在のストレス度をチェックします ・ストレスのプラス面は?、マイナス面は ・ストレスをコントロールする方法 ※その他、企業にコーチングの風土を根付かせるために、社内にコーチ育成をしていくという方法もあります。参考までに記載してみます。 【社内コーチ育成】  ★コーチングをベースにした研修で、企業内にコーチを育成するスキルです。 *時 間:6ヶ月から1年間で… *内 容:教育担当者の方との打合せで決めていきます(オーダーメイド)。 ・リーダーを社内コーチとして育成する 管理職自身が、コーチとして社員育成をサポートできることを目的とします。 ・部下との対話の質と量の向上 会社のミッションを効果的に伝え、部下の力を引き出し、自発的に動くようになる「対話能力」向上を目的とします。次期リーダー育成への足がかりになります。 ・社内コーチによる、コーチング風土・文化を社内に定着させる、営業マンや接客が多い方々がコーチングを活用し、より良いコミュニケーションが出来るようになることを目的とします。